大阪府阪南市の女性行政書士です。相続・遺言の手続、各種許認可手続、離婚手続のサポートを行っています。

MENU

第8回「コメダde勉強会&相談会」終了いたしました!

10月19日、第8回「コメダde勉強会&相談会」を開催いたしました。コメ勉08 (1)
雨が降り、また風も強く寒い日でしたが、6名の方にお集まりいただきました。
今回は、「士業とは。○○士とは。~暮らしを支えるサムライたち~ 」というテーマでお話をしました。

行政書士のほかにも、弁護士や税理士など、たくさんの「○○士」がいます。
行政書士の仕事は、「わかりにくい」「司法書士との違いが分からない」などとよく言われます。
「役所に出す書類を作る専門家」
と、私もお答えすることが多かったのですが、それも全部を表わしているわけではありません。
①官公署提出書類作成業務
②契約書等作成業務コメ勉08 (2)
③事実証明書類作成業務
のほかにも、いろいろな書類を作ります。
それは、簡単に言うと、「『他の士業さんが作る書類』以外の書類を作る業務」なのです。
ですから、行政書士の作る書類の種類も多く、幅も広く、だからこそわかりにくいと言われるのです。

このように、いろいろな資格の違いや、各士業の取り扱う業務の内容、各士業誕生の歴史などのほか、
いろいろな○○士のお仕事を紹介しながら、
「行政書士ってつまりはどんなお仕事してるのか?」ということを前半にお話ししました。

後半は、「人の一生と関わる士業って何がある?」ということをお話しはめ込み用20171008いたしました。
今回の講義に当たって、このような資料を作成しました。
これは、人の一生を表わしています。
長い人生、女性でも、男性でも、いろいろなことがあり、いいこと悪いこと、嬉しいこと悲しいことがあるのです。
この表は、波乱万丈、ジェットコースターのような人生に見えますが、その中でも、一つや二つ、皆さんの人生に重なることや、気になることがあると思うのです。
表を見ながら、参加者の皆さんそれぞれの人生を思い出し思い浮かべながら、
その時々にどんな士業が、どんなことをしているか、どんなことを助けてくれるのか、
というお話をしました。

行政書士のほかに、弁護士、司法書士、税理士、社労士などなど、たくさんの士業がいます。コメ勉08 (3)
就職や退職、起業、結婚・離婚、人生の色々な場面で、いろいろな士業の皆さんが関わってきます。
なにか悩んでいたり困っていたりしたら、士業の皆さんが様々なお手伝いをしてくれるので、ぜひ相談してほしいとお話ししました。
とはいえ、その士業がどこにいるのかわからない、なかなか知り合う機会もないし、
そのような○○士にはなかなか、いきなり声をかけるのは難しいという気持ちもわかります。
ですから、そういう時には、是非、行政書士に声をかけてほしい、つまり、私に声かけてくださいとお話しました。
行政書士は常日頃から、いろいろな○○士の皆さんと一緒に業務を行い、繋がりが出来ています。
ですから、いざというときは、ふさわしい○○士をご紹介できるのです。

今回の資料を見ていく中で、様々な質問が出ました。コメ勉08 (4)
「遺言を書く場合、行政書士にサポートしてもらって書くのと、公証人に作ってもらうのと、効力は同じなのか?」
「遺言は書いたあとにどうしたらいいの?」
という、遺言についての質問。
「亡くなった後は、お葬式とかすぐにやらないといけないことあるし、その忙しい中で一体何をしなければならいのか?」
「いらない財産あったらどうするのか?」
「放棄って聞いたことがあるけれども実際どういうことなのか?」
という、相続についての質問などです。

そして、「離れて暮らしている親のことが心配」という意見がありました。
「離れて暮らしていて、ちょくちょく会いに行けないから心配」
「一人で暮らしてて、急に具合が悪くなって、誰にも気づかれないうちに亡くなってたらどうしよう?」
という話が出ました。コメ勉08 (5)

レジュメには、
「任意後見契約」
「財産管理委任契約」
「死後事務委任契約」の3つを載せ、お話をしましたが、
実はその他にも、「見守り契約」というのもあるとお話しました。
今は元気にしているけれども、やはり心配だから、まずは見守りして様子を知らせてもらうことからはじめて、
何かちょっとおかしいな、というところが出てきたら、早急に対策が打てるようにしておくのです。
本当に、これでは日常生活を送っていくのに心配だ、このままでは難しいとなった時に、
「財産管理委任契約」や「任意後見契約」の内容を実行に移すのです。
こうしておけば、離れて暮らす親御さんの身体も、財産も、守ることができます。コメ勉08 (7)

このような、誰にでも起こること、誰もが避けて通れないこと、そんなこといろいろなことの悩みがあるのです。
「そんな時には、それに備えるには、対処するにはこんな方法がありますよ」
「手続きで大変なときには、私がお手伝いしますよ、行政書士ってこういう仕事ですよ」
講義の中で、皆さんにお伝えしました。
それと同時に、「行政書士っていい仕事だな」と、改めて実感することができました。

今回も、コメダ珈琲店阪南店の皆様には、大変お世話になりました。
コーヒーを飲みながら、モーニングをいただきながら、楽しく勉強できました。
ありがとうございました。

今回も、コメ勉公式プロデューサー行政書士中村道彦先生はお休みでしたが、
チラシ作成から始まり、レジュメへのアドバイス、打ち合わせ・台本作りなど、本番を迎えるまでにたくさんの時間を割いてくださいました。
本当にありがとうございました。

そして家族へ。コメ勉08 (8)
税理士である夫には、たくさん意見を求めましたし、娘とは一緒にラジオに出演して、
今回のコメ勉のお話をたくさんしてきました。
協力してくれていつもありがとう。

皆さんに恩返しできるように、これからも、「これ聴いといてよかったな」と思ってくださるような、
勉強会をしたいと思っています。

次回の勉強会は、
「親が亡くなったらすぐにしなければならないこと」
の予定です。
詳細が決まりましたら、皆様にお知らせいたします。
ぜひご参加ください。

【レジュメはこちらからご覧になれます PDFファイル/2MB】

【第8回コメダde勉強会&相談会 レジュメ動画(5分31秒)】

澤田かおる行政書士事務所

コメダde勉強会&相談会について

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 澤田かおる行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.