9月11日、日曜日に、尾崎公民館でセミナーを行いました。
シリーズ講座「考えてみよう 人生の仕舞いかた」の第1回ということで、
終活とエンディングノートについてお話をさせていただきました。
%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-4%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-7

今回は、行政書士中村道彦先生にもお手伝いいただきました。
中村先生には司会進行をお願いし、私が主に講義を担当する形でお話しました。
公民館でのお話というのが初めてでしたし、受講者さんの前に立って一人で話すというのも、
あまり経験のないことでした。

公民館主催のセミナーなので、講義の具体的な内容はここでは控えさせていただきますが、
18名の方にお集まりいただき、とても真剣に、また積極的に、講義を受けてくださいました。
やはり、終活、エンディングノートというのは、興味のある方が多いのだなと実感いたしました。

%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-11%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-13

また、ワークショップでは、とても盛り上がり、皆さん積極的に取り組んでくださいました。
その後のディスカッションタイムでも、隣や前後の席の方と熱心に話し込む方々が、
あちらこちらに見られました。
ディスカッション後の講義も熱心に聞いてくださり、話していても手ごたえを感じられました。

%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-17%e4%bb%95%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%9f01-19

中村先生も司会だけでなく、講義中のところところで、興味深いお話をしてくださいました。
またこれも、皆さん真剣に聞いていらっしゃいました。

このように、まだまだ拙い講義ですが、無事に終わることができました。
受講者の皆様、本当にありがとうございました。

このように大きな会場での講義は初めてのことで非常に緊張しましたが、
終始緊張したままでは、気持ちも声も届かず、せっかく聴きに来てくださった受講者の皆様に、
失礼だと思いましたので、顔を上げて、努めて大きな声でお話しました。

これからも、受講者の皆さんが、参加して楽しい、役に立ったと思えるような講義をしたいと思っています。