7月9日、ラジオに出演してきました。CIMG6648
もう何回も出させていただいている、ラヂオきしわだの「子育てほっとすてーしょん」です。
間近に迫りました、第7回「コメダde勉強会&相談会」のお話をさせていただきました。
今回も、今までに一緒にご出演してお話してくださったり、写真撮影もしてくださる行政書士の中村道彦先生は多忙のためおやすみでしたので、出演中の写真撮影は夫によるものです。
そして、前回番組に出演させていただいた娘ですが、そのラジオ出演がとても楽しかったようで、今回は番組開始からずっとスタジオに入り、マイクの前で待機しておりました。
話したくて仕方がなかったようです。
また、今回は、私もよく知っている、「放課後等デイサービスぽけっと」の河野基晃さんが見学でいらしていて、年長さんと年少さんのお子さん姉弟もご一緒でした。
ラジオのブースに子供が3人いるという、どきどきわくわくした感じで番組は始まりました。

今回も、コメ勉のお話をさせていただいたのですが、
今回の勉強会は、DSC_1474
「『お店屋さんの始め方』~開店手続あれこれ。始めるまで/始めてから~」というテーマです。

これは、前回2月の勉強会の時に「阪南市まちゼミ」というイベントを阪南市商工会さんが開催しておりまして、私の勉強会もこのイベントに参加させていただいたのです。
まちゼミというのは、阪南市の色々なお店で、店主さんが講座を開いたり勉強会を開催して、お店のことをよりよく知ってもらう、
ファンになってもらう、というイベントです。
このまちゼミ、せっかくなので私もいろいろなお店に出かけて行って、体験し、勉強し、
そこで店主さんからいろいろなお話を伺ってきました。
伺ったお店は、阪南市の中でも古くからやっているお店、代々続いている老舗というお店もありましたし、
反対に、お店を始めてからまだ2年くらいという新しいお店にも行かせていただきました。
お店を始めたきっかけや、日々どんなお仕事をしているのか、お客様を増やすための工夫など、たくさんお話し下さいました。
それをまとめたものが、第5回「コメ勉が訊く!聴く!効く!」(インタビューfrom「コメダde勉強会&相談会」)のインタビュー記事です。
詳しくはこちらをご覧ください。

その時伺ったお話をより発展させたものが、今回の勉強会です。
お店を始めるには何が必要か?ということで、始めるまでに絶対に必要、始めてからほぼ必要、始めてから手に入れた自分の武器、
つまり、お客様に選んでもらえるような自分の強み、この3つについて考えてみました。
そしてそれぞれれ、「ヒト」「モノ」「ユルシ(許認可)」の3つを考えました。
この3つはお店をやっていくのに必要な3つの要素です。
つまり、3かける3の9つのパターンから、お店を始めることについて考えてみましょう、
というお話をするのです。
例えば、私は行政書士事務所を開設しましたが、開くにあたって、絶対に必要、始めてからほぼ必要、始めてから手に入れた自分の武器、考えてみました。CIMG6666
まず、行政書士資格を持ったヒトが必要です。
また、モノとしては、事務室と書類金庫が必要です。
そして、それだけではダメで、各都道府県にある「行政書士会」に登録しないと、お仕事できません。
こんなふうに分けられるのです。
でも、必ずしもこんなにいろいろと準備しないとお店ができないというわけではなく、例えばお花屋さんだったら、お花さえあればお店を始められるのです。
他に何か資格などは必要ないのです。
このように、お店によって大きな差があり、大変興味深い結果になりました。

最近の若いお母さんたちのなかでも、お子さんがいても何か始めたいということで、
お店を始めることを真剣に考えている方が多いと、パーソナリティーのおはなさんが仰っていました。
例えば手芸作品、小物の製作でも、プロ並みの腕前をお持ちのお母さんがいます。CIMG6650
フリーマーケットや、ネット販売で売り出しているお母さんもいます。
そこから、「お店を始めたい、より本格的に売り出したい」と、考えているお母さんも多くいるのです。
もちろん若いお母さんだけでなく、ずっと長いこと会社にお勤めで、定年退職を迎えられた方がいたとします。
ずっと長いこと、退職したら自分は趣味の店を開くんだ!ということで、温めてきた計画を実行に移すかったもいらっしゃいます。
会社勤めで得た、様々な経験や技術をもとに、自分で会社を作ろう、お店を出そう、と考えている方もいらっしゃいます。
そういう方にも、是非聞いておいていただきたいお話です。

そしてそういう方に向けてもう一つお伝えしたいのが、「助けてくれる人はどこにいるのか?」ということです。
自分でこんな話を聞いて考えて、決めて、お店を始めたとしても、最初から最後まで全部、何もかも一人でやるのはやはり、とても難しいことです。
どんなに頑張ってもうまく行かず、途中で心が折れてしまったり、挫折してしまうこともあるかもしれません。
そういう時にお手伝いしてくださる方はどこにいるのか。CIMG6651
ということで、まちゼミの際に、主催している阪南市商工会さんにもお話を伺ってきました。

商工会さんには私もお世話になっていて、ありがたいことなのですけれど、実はお世話になっている私でさえも、よくわかっていないことが多かったのです。
でも実は、いろいろな場面で、いろいろなお手伝いをしてくださるということがわかりました。
例えば、お店を始めるにあたって、安く借りられる空き店舗を紹介してくださったりします。
その他、助成金についての情報を教えてくれたり、事業計画について指導をしてくれたりします。
特に事業計画については、融資の際の大事な資料となるのですが、
初めての人がいきなり作成するというのはとても難しいです。
そこをお手伝いしてくださるというのが大変心強いです。
その他、お店を始めてからも、いろいろな制度で手助けをしてくださいます。
実は商工会さんがこんなにお手伝いをしてくださるとCIMG6640いうことは、私は初めて知ったのです。
しかも、商工会さんというのは、皆さんあまりなじみがないところだと思うのです。私もそうでした。
でも、商工会の皆さんは大変話しやすく、気軽に相談できるところです。
いきなり行っても、お話聞いてアドバイスしてくださいます。
お店を始めようと思ったら、また、経営全般のことなど、商工会さんに相談に行ってみて欲しいです。

こんなふうに、お店を始めるにはどんなことが必要か、また、お手伝いしてくれる人はどこにいるのか、
勉強会ではそんなお話をします。
今じゃなくても、いつかお店を開くときに、あの時あんなこと話してたなあ~と、
思い出してくれるような勉強会にしたいと思っています。

ラジオの開始からずっとスタジオにいた娘は、出演2回目ということで逆に緊張したのか、練習では質問にもたくさん答えていましたし、いろいろなことを話す気満々でいましたが、本番ではなかなか口を開かず…。
恥ずかしかったのか、なかなか声が出てきませんでした。CIMG6639
それをほぐそうと、夫がスタジオの外からいろいろと働きかけるのですが、それを見て娘が大きな声で笑いだしてしまうのでないかと、私はハラハラしておりました。
実際には、娘もそこまでしてしまっては良くないとわかっていたようで、笑いだすのを必死にこらえていましたので、そこは助かりました。
河野さんのお嬢さんはいろいろとお話をしていまして、子供がスタジオに一緒に入っているという、楽しい感じもお届けできたかと思います。

こうして、ラジオ出演は無事に終了いたしました。
今回も楽しくお話させていただきました。
スタジオからはご出演いただけなかった中村道彦先生ですが、番組を聞いていてくださり、
今回も本番中に番組宛てメッセージを下さいました。
ありがとうございました。
また次の機会には一緒に出演したいと思っております。
そして、パーソナリティーのおはなさん、ラヂオきしわだの皆さん、娘ともどもお世話になりまして、
本当にありがとうございました。CIMG6656

第7回「コメダde勉強会&相談会」は、7月13日(木)10時より、場所はコメダ珈琲店阪南店さんです(大阪府阪南市黒田426-8)。
テーマは、「『お店屋さんの始め方』~開店手続あれこれ。始めるまで/始めてから~」。
詳しくはこちらから。

また、こくちーずからも、お申し込み・お問い合わせができます。
http://kokucheese.com/event/index/476273/
皆様のご参加をお待ちしております。