2月13日、「まごころ勉強会第4回 エンディングノート勉強会」が開催されました。
「まごころ勉強会」とは、貝塚市の咲行政書士事務所さんが、定期的に開催している勉強会です。


今回は、
「終活とはどんなことをするの?エンディングノートとは?」
というテーマで行われました。
私も微力ながらご協力させていただきました。

エンディングノート勉強会3
まず、主催の田中理絵先生がお話をされました。
「終活とは、どんなことをするの?」
「エンディングノートとは?」
について、笑顔を交えてとてもわかりやすくお話されました。
健康寿命と平均寿命の話など、気になるデータを示しながらのお話で、皆さん熱心に聞き入っていました。
田中先生はさすがに、何度も勉強会をされているだけあって、
落ち着いた中でもみなさんの笑顔を呼び起こすような、
素敵な講義でした。
エンディングノート勉強会6

続いて、中村道彦先生による、「終」と「活」についての
お話がありました。
「ご自身の終着点をどこに置くのか?」
「そのために、何を、どんなタイミングで、終わらせておくのか?」
という、中村先生の実体験を交えたお話でした。
その後、ディスカッションタイムとなり、参加者さん同士で、
「終」と「活」について意見交換を行いました。

エンディングノート勉強会3
私は、遺言書がなかった場合の手続きと、
自筆証書遺言・公正証書遺言の利点・欠点について
お話させていただきました。


その後は、「エンディングノート」に替わる、ふさわしいネーミングを考えよう!
ということで、
再び参加者さん同士でディスカッションを行い、
大変盛り上がりました。
インタビューでは、個性あふれる素晴らしいネーミングが発表され、
拍手が沸き起こりました。
エンディングノート勉強会4

最後には、「公証役場での、公正証書遺言作成の流れ」
の寸劇を行いました。
普段はなかなか見ることのできない、公証役場でのやり取りをご紹介し、勉強会は大盛況のうちに終了となりました。


参加者のみなさんがとても積極的にディスカッションをし、
質問もたくさん出されました。
皆さんの楽しそうな顔、積極的な様子が印象的な勉強会でした。
エンディングノート勉強会6