大阪府阪南市の女性行政書士です。相続・遺言の手続、各種許認可手続、離婚手続のサポートを行っています。

MENU

相続人の確認、相続関係図の作成

相続人確認

「相続人の確認、相続関係図の作成」とは、相続人が誰なのか?を確認し、それを図に表わす手続きのことです。

亡くなった方の戸籍謄本を、出生から死亡までもれなく取得し、家族関係を明らかにしなければなりません。

 

このページでお話しすること


1.相続って何?

2.法定相続人とは?
3.戸籍謄本を集める理由
4.戸籍謄本とは?
5.相続人関係図とは?

 

 

1.相続って何?

相続とは、ある方が亡くなった時に、その方の財産を、遺された家族等の相続人が引き継ぐことをいいます。
亡くなった方が遺言書を書いていた場合には、財産は遺言書に書いてある通りに分けられます。
しかし、遺言書がない場合や、遺言書に書かれていない財産がある場合などは、
遺された家族等の相続人が財産を引き継ぐことになります。
「遺された家族等の相続人」というのが誰になるのかは、法律で決まっています。
この法律で決まっている相続人のことを、「法定相続人」と言います。

 

2.法定相続人とは?

では、この「法定相続人」とはだれでしょう。
法定相続人とは、亡くなった方の、

1.配偶者
2.子(第一順位)
3.直系尊属(第二順位)
4.兄弟姉妹(第三順位)

となっています。

配偶者は常に相続人となります。
配偶者のほかに、子がいる場合は子も相続人になります(第一順位)。
子はいるが配偶者はいない場合は、子のみが相続人となります。

配偶者はいるが、子がいない場合は、配偶者と直系尊属(親、祖父母など)が相続人となります(第二順位)。
配偶者も、子もいない場合は、直系尊属のみが相続人です。

配偶者はいるが、子も直系尊属もいない場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります(第三順位)。
配偶者も、子も、直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹のみが相続人です。

「子がいない場合」と書きましたが、上記の「子がいない」というのは、
「もともと子がいない=子供はまだ生まれていない」場合のことを指します。
では、「子はいたが、今回の相続が発生する以前に亡くなってしまった」場合はどのようになるのでしょうか。
この場合は、その子の子(つまり孫)がいれば、その人が相続することになります。
これを「代襲相続」といいます。
さらに、これ以前に孫も亡くなっているのであれば、ひ孫が相続します。
これを「再代襲相続」といいます。

兄弟姉妹が、今回の相続が発生する以前に亡くなってしまった場合も、同様に考えます。
兄弟姉妹の子(甥姪)がいるのであれば、甥姪が代襲相続します。
しかし、兄弟姉妹の場合はそこまでです。
再代襲相続とはなりません。
法定相続人とは、このように法律で定められています。

 

3.戸籍謄本を集める理由

実際の相続手続きの中で、この法定相続人とは「どこのだれなのか?」をはっきりさせる必要があります。
これをはっきりさせないと、財産を引き継ぐことも、そのための話し合いも、することができません。

ここで、太郎さんと花子さんという一組の夫婦と、その間に生まれた子(望さん、光さん)という家庭を考えます。
太郎さんが亡くなりました。
遺言書はありませんでした。
従って、相続人は、妻である花子さんと、望さん、光さんです。

・・・でも、本当にそうでしょうか。
実は太郎さんは、花子さんと結婚する前に、別の女性(陽子さん)と結婚していたことがありました。
二人の間には子供(大輔さん)もいました。
太郎さんが亡くなった場合は、この大輔さんも相続人となるのです。
ですから、この大輔さんも交えて相続の手続きをしなければなりません。
でも、今はもうどこに暮らしているのかわかりません。
そもそも、太郎さんがこの事実を隠して花子さんと結婚していたとしたら。
文字通り、お墓まで持って行ってしまったとしたら。
この事実を知りようがないのです。

このような事態が考えられるために、戸籍謄本を取って、相続人を確認することになります。
自分が相続人だと思っている人だけが相続人なのか、ほかに相続人がいないかどうか、そしてその人はどこに住んでいるのか。
それが、相続人の確認です。

 

4.戸籍謄本とは?

戸籍謄本を見れば、自分か生まれてから今まで、どのような家族関係であるかがわかります。
いつ生まれたか、父母は誰か、本籍地はどこか、兄弟はいるか、いつ誰と結婚したか、子供はいるか・・・。
従って、相続人を確認するためには、亡くなった方の戸籍謄本を、本籍地の市役所で取得し、内容を見ることからはじめます。
ただし、戸籍謄本を1通見れば、それですべてがわかるということではありません。
「生まれてから亡くなるまで」の戸籍謄本が必要だからです。

生まれた時には、自分の親の戸籍に入っていますが、結婚したら夫(または妻)の戸籍に入ることになりますし、その他、転籍していたり、戸籍のシステム変更などの理由で、戸籍を作り直すことが何度もあります。

そのような理由から、「生まれてから亡くなるまで」の戸籍謄本は、1通だけではありません。
それらをすべて集めないと、家族関係すべてを明らかにすることはできないのです。
いろいろな市役所に問い合わせをし、何度も取り寄せる必要があります。
また、昔の戸籍は手書きで作成されていましたので、大変読みにくい場合もあります。
一言でいうと、戸籍謄本の取り寄せ、戸籍謄本を読み解くことは、とても難しいといえます。

 

5.相続関係図とは?

相続人全員の戸籍謄本が手に入り、それを読み解き、相続人は誰か、どこに住んでいるか、などが確認できました。
次のステップとして、相続関係図を作成します。
相続人は誰なのか、戸籍を見て判明しましたが、手続きのたびに戸籍を一つ一つ説明するのでは、わかりにくく、時間もかかってしまいます。
複雑な家族関係を説明するために、相続関係図を作成する必要があります。

 

このように、相続人の確認、相続関係図の作成には、手間と時間がかかります。
戸籍謄本の収集・読み取りから相続関係図の作成まで、私が丁寧にお手伝いします。

 

 

お手伝いします2

 

 

・遺産分割協議書の作成

・遺言書作成サポート    

・公正証書遺言作成サポー ト

・エンディングノート作成サポート

Copyright © 澤田かおる行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.