大阪府阪南市の女性行政書士です。相続・遺言の手続、各種許認可手続、離婚手続のサポートを行っています。

MENU

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議

相続人が誰かはっきり確認でき、相続関係図も作成できましたら、誰がどの遺産を引き継ぐかを決めることとなります。

これを決めるには、相続人全員の間で話し合って決めることになります。
この話し合いを、「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議の結果を書類にしたものが、「遺産分割協議書」です。

遺産分割協議書は、不動産の相続登記や預貯金の払い戻しにも使われる、とても重要な書類です。

 

このページでお話しすること

 


1.遺産って何?

2.話し合いの方法
3.どのように分ける?
4.遺産分割協議書って何?

 

 

1.遺産って何?

「遺産」とは、亡くなった方の「財産」のことを言います。
「財産」ですが、これには現金、預貯金、不動産、貴金属・車・絵画、株式などがすぐに思い浮かびます。
これらは「プラスの財産」ですね。
でも、遺産の中には、いわゆる「マイナスの財産」も含まれます。
銀行からの借入金、住宅ローンや、未払いの税金などです。
これらの遺産をはっきりさせたうえで、相続人全員で話し合いをします。

 

2.話し合いの方法

「話し合う」と言いましたが、全員で一堂に会して行う必要はありません。
電話でも、郵便で書面を回しても、スカイプでも、構わないのです。
全員で話し合い、意見が一致すれば、どのように話し合いを持ったかは問わないのです。

 

3.どのように分ける?

誰が、どの遺産を、どれだけ引き継ぐか、ということが、この話し合いで一番重要なところです。
民法では、「法定相続分」が決められています。

①第一順位(配偶者と子の場合) 配偶者1/2、子1/2

②第二順位(配偶者と直系尊属の場合) 配偶者2/3、直系尊属1/3

③第三順位(配偶者と兄弟姉妹の場合) 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4

しかし、必ずしも、法定相続分通りに分けなければいけないというわけではありません。
遺産分割協議において、全員一致すれば、法定相続分とは違う分け方をしてもいいのです。

ただし、遺産全てが、現金や預金のように、比較的簡単に分けられるとは限りません。
家や農地などの不動産や、事業用の工場や敷地など、分けることが難しい遺産もあります。
そのため、分け方にもいくつか種類があります。

①現物分割・・・・・・遺産をそのまま分ける方法(家は誰に、預金は誰に、車は誰に・・・)
②代償分割・・・・・・だれか一人がまとめて引き継ぎ、残りの相続人に金銭を支払う方法
③換価分割・・・・・・不動産などを売却し、その金銭を分ける方法
④共有分割・・・・・・どうしても分けられないので、全部を相続人全員で共有するという方法

 

4.遺産分割協議書って何?

遺産の分け方の話し合いが終わったら、それを文書にします。
その文書が、「遺産分割協議書」です。
書き方に決まりはありませんし、手書きでも、ワープロでも構いません。

が、この文書は金融機関で貯金の解約をするときや不動産の名義書き換えの時にも使います。
従って、最低限でも、以下の内容を記載する必要があります。

・誰がなくなったことに対する遺産分割協議か
相続人(分割協議した人)は誰か
・だれが、どの遺産を引き継ぐか
相続人全員の住所氏名の記載(氏名は自署)
・実印で押印(印鑑証明書を添付)

また、協議書が複数枚に渡る場合には、綴じ合わせて、ページの綴り目に割印をすることも必要です。

実際には、話し合いと協議書を作成するタイミングにはずれが生じると考えられます。
話し合いが済んだ後で書類を作成し、郵便で書類を順次送って、署名・押印をしていただくということです。
何度も郵便で送り、封筒を開封してまた封入して、ということを繰り返すことになります。
協議書の用紙も、比較的丈夫なもので作成するのが望ましいといえます。

 

このように、遺産分割協議書を作成する際には、気を付けなければいけない点がいくつもあります。
その遺産分割協議書の作成を、私が細部にわたってお手伝いします。

 

 

お手伝いします2

 

 

・相続人の確認、相続関係図の作成

・遺言書作成サポート

・公正証書遺言作成サポート

・エンディングノート作成サポート            

Copyright © 澤田かおる行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.