大阪府岸和田市に事務所があり、大阪府阪南市に住む女性行政書士です。各種許認可手続、相続・遺言の手続、離婚手続のサポートを行っています。

MENU

遺言書作成サポート

遺言書作成

「遺言書作成サポート」とは、遺言書の書き方についてお教えしたり、下書きの添削を行うことです。

遺言書は法律で書き方が決められています。

それに従わないと、家族への最後の想いも残せなくなってしまいます。

有効な遺言書をのこすために、私が親身になってお手伝いします。

 

このページで2

 

 

 

1.遺言書とは
2.自筆証書遺言
3.公正証書遺言
4.秘密証書遺言
5.まとめ

 

1.遺言書とは

遺言書は、『自分の死後、自分の財産を、誰に、どれだけ遺すか?』を指定した文書です。
遺言書があったら、遺産分割協議をするまでもなく、遺言書の内容が優先されます。
遺言書がない場合は、法定相続人の間で、遺産分割協議をして、誰がどの財産を引き継ぐかを決めます。

 従って、法定相続人であれば遺産を受け取ることができますが、法定相続人でない人には、遺言書を書いておかなければ、遺産を遺すことができません。

ずっと長いことお世話をしてくれた長男のお嫁さんなど、法定相続人以外の人に財産を遺したいという場合は、遺言書を書いておかないと、その思いを実現することができないのです。

 また、次のような意向があっても、遺言書を書いておかないと、自分の思ったとおりに財産を遺すことができません。きちんと遺言書で意思を示しておくことをお薦めします。

・子供がいない夫婦が、配偶者だけに財産を遺したい

・身寄りがないので、財産を寄付したい

・前妻との間に子がいるが、後妻とその間の子にだけ財産を遺したい

・籍を入れていない「事実婚」であるので、配偶者に財産を遺したい

・事業をしているので、特定の子にその事業を引き継がせたい


また、遺言書は、

・自筆証書遺言
・公正証書遺言
・秘密証書遺言

の3種類があります。
以下、ひとつずつ説明します。

 

2.自筆証書遺言

 本文の全文と日付を自筆で書き、署名、押印して作成する遺言書です。
パソコンでの作成は認められていません。
保管場所も自分で決めます。

 自筆証書遺言のメリット

  • いつでも手軽に書け、いつでも書き直せる
  • 自分一人で作成出来るので、遺言の内容を内緒にすることができる
  • お金がかからない

 自筆証書遺言のデメリット

  • 作成上の間違いが多く、内容が無効となってしまうことがある
  • 遺言書が見つけられにくい
  • 偽造・変造・遺棄の可能性がある
  • 家庭裁判所での検認が必要

 

 3.公正証書遺言

公証役場に出向き、2名の証人の立会いの元で、公証人に遺言の内容を伝え(これを口授という)、公証人によって作成される遺言書です。

 公正証書遺言のメリット

  • 公証人に作成してもらうため、間違いがない
  • 公証役場で原本を保管してくれるので、紛失しても再交付の手続きが取れる
  • 亡くなった後、遺族が、遺言書の有無を検索することができる
  • 家庭裁判所での検認手続きがいらない

 公正証書遺言のデメリット

  • 基本的に、公証役場まで出向く必要がある
  • 公証人、証人に遺言の内容がわかってしまう
  • 作成にお金がかかる

 

 4.秘密証書遺言

自分で作成、署名、封印した遺言書を公証役場に持参し、秘密証書遺言であるということを公証人と証人に確認してもらうという遺言書です。
2人以上の証人とともに公証役場に出向き、公証人に、遺言書である旨、日付を封書に記入してもらいます。
保管は遺言者自身で行います。
自分で作成しますが、署名のほかは、必ずしも手書きでなければいけないわけではなく、パソコンで作成したり、代筆も可能です。
しかし、秘密証書遺言はほとんど利用されていないと言われています。

 秘密証書遺言のメリット

  • 遺言の内容は完全に秘密にすることができる
  • 字が書けなくても作成することができる

 秘密証書遺言のデメリット

  • 手続きがやや煩雑である
  • 公証役場で原本を保管してくれるわけではない
  • 家庭裁判所での検認が必要
  • ほとんど利用されていない

 

5.まとめ

遺言書の書き方にはルールがあります。
公正証書遺言は、公証役場に出向き、公証人に作成したもらうものであるため、間違いがありません。
しかし、自筆証書遺言・秘密証書遺言は、自分一人で作成し、書き方に間違いがないかどうかチェックする機会がないので、不備が散見されます。
そうなると、その遺言書は無効とされてしまう可能性があります。

そういった理由から公正証書遺言を作成することをお薦めしておりますが、やはり、自分の手で書きたい、出来るだけ費用を押さえたい、などの理由で、自筆証書遺言を選ばれる方も多いです。

 

そんなときには、私がお手伝いします。
自筆証書遺言の作成に当たって、文章の添削や事前チェックをいたします。

 

お手伝いします2

 

 

・相続人の確認、相続関係図の作成

・遺産分割協議書の作成

・公正証書遺言作成サポート

・エンディングノート作成サポート