大阪府岸和田市に事務所があり、大阪府阪南市に住む女性行政書士です。各種許認可手続、相続・遺言の手続、離婚手続のサポートを行っています。

MENU

建設業許可申請

建設業

・建設業許可申請(新規・更新)

 

 建設業とは、建設工事の完成を請け負う仕事のことを言います。

それには、元請・下請を問いません。
建設業の許可は、必要な場合と不要な場合があります。

簡単に言うと、

1.建築一式工事であって、1件の請負金額が1500万円未満の工事、もしくは、請負金額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事を行っている
2.建築一式工事でない工事(専門工事)であって、1件の請負金額が500万円未満の工事を行っている

この2つに当てはまる業者は、許可は不要とされています。

 例えば、専門工事で、1件の請負金額が500万円未満の軽微な工事を行ってきた業者が、今後は1500万円以上の工事も請け負いたい、と思ったときに、建設業の許可が必要となるのです。
また、建設業の許可は、一度取得するとこの先ずっと有効というわけではありません。
5年ごとの更新となっています。

もし、この更新の手続を行わないと、許可が取り消されてしまいます。
許可が取り消された場合は、もう一度新規の許可を取得することとなります。
ですから、更新手続は忘れずに行わなくてはいけません。
更新手続の前提として、過去5年分の「決算変更届」がすべて提出済みであることが必要です。

・決算変更届

許可を取った業者は、決算等に関する届出をすることになっています。
これを「決算変更届」といいます。
毎事業年度が終了したあと4か月以内に、監督官庁へ届出する必要があります。
事業年度が終了するたびに届出が必要なので、毎年届出をすることになります。

 ・各種変更届

 その他、経営業務の管理責任者、専任技術者、商号の変更などがあった場合は、その旨の変更届を提出することになります。

当事務所では、建設業の各種申請についてお手伝いをしております。
まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 


・経営事項審査
                                   

・産業廃棄物収集運搬許可申請

・宅地建物取引業免許申請

・飲食店営業許可申請                    

・放課後等デイサービス開設サポート

・介護事業所開設サポート